私は5年ほど前から川崎に住んでおり、最寄の駅がJR川崎駅である。関東圏に越してきてから既に15年が経つが、川崎はその1/3を過ごしている。
なぜ川崎か、というと、出張で留守にしている事が多いので、妻の実家(鶴見)に近いということの他に、
交通の便の割(品川駅まで東海道線で1駅、横浜まで10分)には、安かったというのがある。
5年ほど前は、JR川崎駅周辺には、「さいかや」という地元デパート、西武百貨店(今はヨドバシカメラなどが入っているルフロン)丸井がある程度で、かなり殺風景な雰囲気だった。
また最寄の商店街の名前が「銀柳街(ぎんりゅうがい)」という、少し「仁義なき戦い」にも出てきそうな雰囲気を持っていて、ハイソな雰囲気は感じられなかった(今でもあまり変わらない)。
直感で「交通の便もいいし、これから再開発をして、随分雰囲気が変わるはず」と、妻には話をしたが最初は、全く聞く耳を持ってくれなかった。
私の妻は最後まで川崎に住むことを拒み続けたが、「絶対、再開発で街の雰囲気も変わるだろうし、実家も近いから」と、説得を続け、なんとか引越を挙行したのであった。
この予想はずばり的中し、ここ数年、ラ・チッタ・デッラ(チネチッタ/シネコンで観客動員数が日本一)やDICE(さくらや、東急ハンズなどが入居しているショッピングビル)、西武百貨店の跡にヨドバシカメラが入り、駅の西口にもミューザ川崎というコンサートホールなどもでき、かなり駅周辺の雰囲気が変わってきた。
それで、昨日JR川崎駅の西口に「ラゾーナ川崎」という巨大ショッピング・アミューズメントエリアができた。
http://www.lazona-kawasaki.com/index.shtml
ここは以前、東芝さんの堀川町工場があったところで、5年前に川崎に来た当初はちょうど閉鎖が決定した時だった。
その集大成みたいな存在として「ラゾーナ川崎」が開業した。300のショップがあり駅直結で、立地を考えるとかなり大きな施設である。
くしくも昨日は私の誕生日。何か因縁みたいなものを感じた。
もちろん、まだ行っていないが、プレオープンからかなりの動員がなされているようだ。
自慢ではないが、先を見通す、予見する力というものを、ビジネスでも発揮したいものである。
ベトナムでのオフショア開発が、そうであるように祈るばかりだ。