以前から、ベトナムオフショア開発を検討されている方や、ベトナムのことについて教えて欲しいとおっしゃる方に、最初に伝えることとして、
「人口は世界で13番目」
というフレーズがある。こ
れは私のベトナムでの兄貴分である方から教えていただいたフレーズ。
このフレーズを知ってからは、必ずベトナムの紹介をする際にお伝えするのであるが、必ず
「へぇ?、結構人口多いんですね」と、トリビア風に驚いてくれる。
最近は下調べをしている方も多いので、驚く率は少々下がっているが、
「世界第13番目」というフレーズには、トリビア的な感嘆を覚えていただいている。
さて、この人口だが、正式な情報が入った。
Tuoi Tre紙(8/21付)に、
「『2006世界人口統計』(米国ポピュレーション・レファレンス・ビューロー)によると、ベトナムの人口は今年半ば時点で8,470万人。東南アジア地域ではインドネシア(2億2,550万人)、フィリピン(8,630万人)に次いで3番目の多さだった。」
とある。そろそろフィリピンを抜く準備段階に入ったと見える。
少子高齢化が急速に進む日本は、これから人口減少社会に突入する。
『「人口減少経済」の新しい公式―「縮む世界」の発想とシステム 』(著者:松谷 明彦氏)を1昨年に読んだが、
「人口が減少する国家が成長を持続させることは物理的に無理」みたいな記述があったが、このフレーズには「お先真っ暗」という意味が込められてると落胆したものである。
そういう意味でも、人口が増える=成長するというイメージが頭に残るのである。
あぁ、うらやましい・・・。
ちなみに、寿命に関しても記述があった。
「寿命は72歳でタイ(71歳)、フィリピン(70歳)を上回った」
日本に比べると短いが、むしろ個人的には、これからの少子高齢化社会の到来を考えると、
70歳ぐらいがいいのかなぁと思う。