昨日仕事を終え、帰宅と途に経った際、電車でFIGARO Japonを読んでいる女性がいた。タイトルをよく見ると、
「楽しいね、ベトナム。」
とある。
FIGARO Japonといえば、女性向けのファッション&トレンド、特に旅特集が人気で、リゾートでの楽しみ方やリゾートホテルの情報などが載っている少し癒しを感じる雑誌である。
ここのところ、SARS、鳥インフルエンザとネガティブ情報が多かったためか、ベトナムの旅特集はあまり見かけなかった。
しかし、ここに来て「楽しいね、ベトナム。」とあるから、見ないわけには行かない。
コンビニで探すも、おいてない。2件目も。結局あきらめて家に到着。
帰宅して玄関で靴を脱いでると「ちょっとこの雑誌見て」という妻。
なんと、FIGARO Japon。
シャワーを浴び、早速一読。やはり写真がいい。
普段見ているベトナムの風景が、FIGARO Japonだと別の国に見える。
カフェやホテル、レストランの情報を読みながら、
「こんなところあるんだ」とか「こんなきれいな店だったかなぁ」などと独り言をいいつつ、堪能。
特にホイアンのリゾート情報は、「機会あれば行ってみたい」と思わせてくれた。
まぁ、ベトナムに興味を持ってくれる人が増えて、ベトナムに来る人が増えてくれることは、私にとってもうれしい限りである。