11/17-23とベトナムに出張した。前半ホーチミン、後半ハノイという行程。季節的には涼しい時期なので、観光には最もよい時期だと言われている。今回も精力的に現地企業、教育機関とMTGを重ねた。

前半のホーチミンでは、リクルーティング企業との協業MTG。現在弊社がローカライズ&開発を行っている人材適性評価ツールの協業を提案。ベトナムにはこの手の人材評価ツールがあまりない(というかない)ので、弊社では顕在的なニーズとしてあったため、今回開発をしている訳だが、採用に苦慮している日系企業はもちろん、ベトナム企業でも受けるだろうという話。結構楽しみな事業である。

またホーチミン工科大学(HCMUT)では、コンピュータサイエンス学部長とのMTG。ハノイ工科大で現在行っているリクルーティングプロジェクトの概要説明。非常に興味を持っていただき、HCMUTでのプロジェクト化に関して、次回もMTGをすることとなった。

上記以外に、新規事業の開発支援に関するMTGや評価システムに関する協力依頼など、大枠皆さんと前進することができたように思う。

ハノイでは、ハノイ工科大でのリクルーティングプロジェクトに関するMTG、システム開発に関する進捗確認、大手ITベトナム企業の日本人技術者採用に関するMTG、アルバイト向け説明会など、毎回アポイントごとに頭を切り替える必要があるので、結構疲れる。

秋も深まったハノイは予想以上に冷え込んでおり、これからハノイに向かう際には、コートは欠かせない。