日本ではある特定の商品やサービスについて、不特定多数のブログユーザーが、使い勝手や評判を掲載してアフェリエイトで稼ぐというブログマーケティングがあるが、ベトナムではちょっと変った方法で活用され少し話題になっている。


Yahoo!ブログ(現地ではブログYahoo!360)にある男性が、女性とであったことをブログにして、探し続けるという内容。
タイトルも「Tim em noi dau」、「君を探して」という内容で、ブログ閲覧者にこの女性を探して欲しいとコメントし、
積極的にネット上での交流を広げ、自分のブログを少しでも多くの人に知ってもらおうと、ブログ内では努力を続けていた。
で、ある程度時間がたって、この人探しについての広告が映画館で放映され、ウェブサイトが立ち上がった。
この時点で、広告だと気づく人もいれば、気づかない若者もいた模様。
かなりのユーザー、話題を集めたことで、この歯磨粉のキャンペーンは大成功だったらしい。
結構、想像力豊かな内容で、面白いアプローチだと関心した。
ただ、ブログ内でこの男性にアドバイスや協力を本気でした人は、少しだまされたという感覚になった模様。
日本だと、ほぼ100%批判を浴びる内容ですね。