たった2日間のラオス滞在では、すべてがわかる訳ではないが、なんとなくイメージがつかめた。
ビエンチャンは一言で言うと、「ベトナムの地方都市で人はタイ人」という感じか。
英語はなかなか通じないが、笑顔で返すところが、タイっぽい。


ベトナムだと、英語で話しをして通じなかったら、周辺にいる他のベトナム人に、
「誰かこいつの話聞いてやって」みたいに、英語がわかる人につながるのだが、
ビエンチャンだと人が少ないので、これが難しい。
文字もタイの文字に似ているし、「こんにちわ」の挨拶に該当する言葉も「サバディー」と
タイのサワディーに似ている。
ちなみに発音は語尾上げである。
ビジネスでは、日本アセアン経済連携協定が12月1日に発動されたことにより、ラオスへの日本との交易もレアメタルをはじめとした資源・資材において増加傾向になると思う。
ただ輸出品で一般に目にするものは、あまり該当するものは少ないように思える。
唯一の国内生産ブランドが、Beer Lao。
1_081214_to 15_Vientiane070
ビールとしては特に特徴はないが、ロゴが活用できるように感じた。
それと住むという意味では、まだ厳しいように感じた。ただ東京など都心の喧騒をはずれ、
それこそ、何にも干渉されずのんびりしたいという場合は、最適な場所のひとつかもしれない。
治安も非常に良い。
再訪の予定はないが、ふらっとよってみたい国ではある。