12/11よりハノイに出張中。
オフショア開発関連、BPO関連、人材開発といった企業への訪問が主目的だ。
景況も気になるが、日本のマスコミの報道、特にネガティブな情報が多い中、
そういう情報を日本語で聞かないで済むのは、精神上いいことと感じる。


さて、世界的な金融危機の影響による景気の減速感は、ベトナムでもやはり感じられる。
4社の経営者に会ったが、多くの経営者が「今は我慢の時期だ」と言っていた。
日本同様のコメント。
それと、個人的に感じたのは、円高。
年初は1円=140ドンぐらいであったが、1円=185ドンになっている。
約30%のアップ。
またここ数年、1ドルが100円を切ることがあまり無かったので、円レートよりドルレートの方が低いというのも結構新鮮である。
ベトナムの経営者も、ここ数ヶ月は、節約を心がけているようだ。
毎週末、家族で外食をしてたが、ここのところは家で済ませる、とか
出張先でのホテルのランクを下げるとか、自助努力をしている。
新しいビジネスへの取り組みについても積極的で、そこにヒントを得ることができた。
色々とビジネスアイデアが産まれる1日であった。