ベトナムでも日本と同じように、IT会社が銀行業務を始めるようである。
ただ、M&Aではなく、銀行を設立するようだ。
ここのところ、ベトナムでは民間の銀行設立ブームで、外資にも開放している。
ベトナムでの資金需要は、インフラ関連に始まり、資源、不動産、事業融資など、
かなり増加している。
背景には、IPOを含めた株式市場も活況を呈しており、潤沢な資金を有している上場企業が、
銀行を設立しているようである。
このIT企業は時価総額300億円を誇る「FPT」。
Lao Dong紙(4月11日)によると、
「銀行は1,500億ドン(約938万ドル)、ファンド運営会社は366億ドン(約229万ドル)を出資して
設立する。」
とあり、銀行だけでなく、ファンド運営会社も設立したようだ。
銀行に関しては、今後有望な電子決済業務を行っていただけるとありがたいが、まだ事業内容に関しては確認できていない。
FPTはハード、ソフト、通信、モバイル端末など、ありとあらゆるIT関連事業を行っているので、
決済業務を行うことは間違いないだろう。
またファンド運営会社については、自社ビルなどの不動産の証券化、ベンチャーキャピタル、なども考えられる。
一気に何かが変わる予感がするニュースである。