1/12(金)の夜からハノイに出張している。
今回は18:05成田発の夜便。さすがに夜便は疲れる。
通常でも到着するのが遅い(現地時間22:20頃)のに、またもや出発が遅れ、ハノイ到着は22:45。
イミグレーションも混雑しているため、ホテルに到着したのが、12:20。
即シャワーを浴びて、就寝。
初日である今日は、朝8:00にオフィスに行き、ミーティングを済ませ、ハノイ工科大学に。
ハノイ工科大学は、理工系大学ではベトナムTOP大学の一つ。
多くの優秀なエンジニアを輩出している。
私どものお付き合いしている企業で、オフショア開発を行っているIT企業の主要なメンバーは、ほとんどと言っていいぐらい、ハノイ工科卒である。
で、今回は弊社のリクルーティング目的で、就職セミナーを特別に開催させていただいた。
土曜日でおまけに試験期間中でもあるので、どれだけ集まるか非常に不安な状況の中での開催。
開始時間の15分前に会場に到着。
まだ誰もセミナー会場にはいない。
で、用意を始めると、だんだん学生が入ってくる。
「結構集まってるなぁ」
で、セミナーを開始。会場を見回すと立ち見状況。ざっと100名ほど集まった。
070113_HUT01

セミナーでは、私が日本語で話し、ルアン氏が翻訳して話すという、少し漫才っぽい立位置で開始。
070113_HUT_02

日本の紹介や、仕事内容の紹介、日本語教育について、などなどできるだけ興味を持ってもらえるようにプレゼンテーションを行った。
弊社としても、よりリアルに学生の就職意向度を図れる様、日本語に対する興味や、キャリアステップに関する考え方、希望する業務内容、日本への関心度などを見たいと思い、アンケートを実施した。
その際、できるだけ回答をもらえるようにと、ipodが抽選で当たるように仕掛けをした。
で、残念ながらプレゼンテーションの時よりも、ipodがもらえる話をしたときの方が最も盛り上がった。
質疑応答の際、非常にポジティブな質問や意見が集まり、興味を持ってくれたことは確かである。
だが「ipodをくれる会社」のイメージの方が大きいような気がしてならない。
うまく採用できるように繋がることを祈るのみである。