前回の出張でパスポートの有効期限が3ヶ月を切ってたため、ハノイの入国の際、少々ひやひやしたこともあり、今回パスポートの更新手続きをすることにした。
確か戸籍抄本が必要だったなぁと勘違いをし、実家の父(大阪)に戸籍抄本を取り寄せてもらった。
※結構手間をかけてしまったのに、必要なかった。すいません。
で、住民票は妻に取り寄せてもらい、すべての準備物がそろって更新手続きに向かった。
10年ぶりの更新。9:00より受付開始ということで、受付に向かう。
「恐らく1番目だろう」と思っていたが、既に20名ほどの申請者がいる。
出勤前のサラリーマン風の方や、学生、年配の方といろんな人がいる。
「結構早い時間帯でもいるんだなぁ」
「申請窓口」には6-7人の列。多くの人は書類を提出するが、不備をチェックされ、また記入テーブルに戻る。
私は完璧だろうと思って、書類と今のパスポートを添えて提出。
「このパスポートは本日で失効となり、1週間程度使えませんが大丈夫ですか」
と係りの人。
『まぁ、多分いらないよなぁ』と少し考えつつ、了承。
「では、こちらの承諾書にサインをしてください」
とパスポート失効の承諾をする。
で、順番を待ち、番号札23番が呼ばれるまで待つ。
待つこと10分。
申請窓口で再度パスポートの失効と新しいパスポートの発行日時をいただく。
「このパスポートは穴を開けますが、本当にいいですね」と念を押される。
「何かトラブルあったケースってあるんですか」と少しの疑問と好奇心で聞いてみる。
「たまに緊急事態で渡航するようになったという人がいるので」と係りの方。
非常にスムーズに進み、受付開始から約20分ですべてが終わった。
以前はすごく時間がかかったように感じたが、やはり行政サービスは向上している。
今度のパスポートはICチップが入っているらしい。
次回の渡航はびくびくせずに済む。passport_hole