ベトナムの朝は早。まだ真っ暗な5時ごろから、多くの人は散歩に出かけたり、公園や道端で体操をしたり
、バトミントンをしたり、日本では考えられないほど人が出ている。
また、朝市もやっていて、いつもは普通の住宅街ではあるが、朝ともなると市場に変わる。その日取れた新
鮮な野菜や肉類を格安で提供してくれている。
 そんな中、朝6:30にルアン氏と家の近所の水餃子屋に朝食を食べに行った。
水餃子といっても、中華のものとは赴が異なり、米でできた麺と豆類の刻んだものを、これまた米でできた
湯葉みたいなものでくるんで、たれをつけて食べるというもの。
あっさりとしていて意外とうまい。1皿6000VND(約45円)。
帰りがけにルアン氏が野菜を買って帰るということで、帰り道に売り子のおばさんを探すが、いない。
目立つのは「花屋」さん。
「いつもは結構いるのに、今日はいない」らしい。
で、家に戻り仕事の支度をする。
8:00からベトナム企業の経営者とミーティングをオフィスですることになっていたため、
7:30に彼が迎えに来てくれた。
オフィスへの道すがら、「今日は女性の日なんです」と彼。
「だから今日は道端に一杯花屋ができているんだ」と納得。売り子のおばさんもいない訳だ。
ベトナムでは年2回女性の日(10月と3月)があり、日ごろの感謝を込めて花をあげるのである。
で、8:00にオフィスでミーティング、11:00にIT会社社長と面談、13:30に新規のIT企業の視察と業務は淡々
とこなす。
業務が終わり、弊社スタッフ女性2名に花束を買って帰る。
何とか面目もつぶれずに済み、空港に向かう。
ホーチミン行きの飛行機で、ホーチミンに到着。
そしてホテルに到着。1日が終了。
「即席の花屋さんは、普段何をやっている人たちなんだろう?」と考えつつ床に就く。
Hanoi_View@morning