とあるオフショア開発関係の方より、前世を見せられる術を持っている方をご紹介いただき、先日その方のお宅にお邪魔し、前世をたどるセッションを経験をした。
過去の記憶をたどりつつ、中学時代、小学校時代と遡り、何やら記憶にない映像が・・。
19世紀ぐらいのヨーロッパ人で、船に乗船して航海に出ており、
その途中で、リスボン(ポルトガル)に寄港したようだ。
映像の中で、私は航海図の”Lisbon”に指を刺している。
「リスボンからどこに向かうのですか」
「地中海方面」
「地図にはなんて書いてありますか」
「キプロス」
キプロス? もちろん行ったことないし、どこにあるのかも定かではない。
地図上にはCyprusとあり、これをキプロスと読んでいる。
「キプロスには何をしに行くんですか」
「乗船している人たちを連れて行くんです」
「航海はどれぐらいかかるんですか」
「2ヶ月ぐらい」
ってことは、私は船長なのか?
でも操舵室にはいない。机と椅子、ベッドがある客室で、
濃い茶色のフローリングがやけに目立つ。
どうも、私はビジネスでキプロスに商売仲間と向かっているとのことだ。
で、船は無事キプロスに到着。
「到着したらどこに向かっていますか」
「ホテル。木造の3階建てのホテルです」
「で、今は何をしていますか」
「現地の仲間が到着を祝ってくれています」
「何人ぐらいいますか」
「50人、いや100人ぐらいです」
「みんながあなたの到着を歓迎しているんですか」
「乗船していた仲間と現地の仲間とで騒いでいる」
「ということは、あなたはその仲間のリーダーなんですか」
「はい、そうみたいです」
映像では、ビアホールみたいな酒場のようなところで、
みんなが酒(恐らくワインだと思う)を飲んでいる。
私は客観的にその姿を見ていて彼らの無事を喜んでいるみたいだ。
で、クライマックス。過去を遡ってきて、徐々に潜在意識の深いところから、
浅いところに戻すセッションに入った。
「じゃぁ、そろそろ部屋にもどってみよう」
「はい」
「この部屋には、鏡台があるのですが、見えますか」
「見えます」
「鏡には誰が映っていますか」
「知らない人がいます」
「どんな容姿の人ですか」
「50歳ぐらいの白髪の男性です」
「日本人ですか?」
「いいえ、白人です」
「鏡台には引き出しがありますが、見えますか」
「見えます」
「じゃぁ、そっと引き出しの中を確認してみてください」
そーっと引き出しを引いてみる。
「中には何がありますか」
「勲章があります」
で、現実に徐々に戻り、セッションは終了。
終了後の解説によると、鏡に映っている人が前世で、
引き出しにあった勲章は、前世とともにあなたが求めているものだということのようだ。
本当かどうかは知りませんが、私の潜在意識の中にある記憶が、映像としてだんだん出てきたところは、個人的にも正直びっくりした。
後で、キプロスを調べてみたら、ヨーロッパとアジアのちょうど境目で、貿易で栄えていた時代があったようだ。
どうも今の仕事、ベトナムと日本をつなげることは、前世からの宿命であるように思い、納得できる部分が多かった。
ただお金よりも名誉を重んじるところは、少し残念ではあるが・・・。